海外語学研修

甲陵中学校では、英語圏での活動を通して、より実践的にコミュニケーション意欲を高めるために、オーストラリアでの海外語学研修を3年次に行っています。ホームステイでの体験は他では得難いものです。
(ホームステイでの体験内容はホストファミリーにより全く違います。文中にある体験はその生徒が体験したことであり、図ベ手の生徒が同じ体験ができると言うことではありません。)

cimg2079

オーストラリア語学研修を終えて 生徒作文

私は、このオーストラリア語学研修を終えて、異国の文化や表現、思想の違いを知ることができ、とても有意義な時間を過ごせたと思う。
初日の飛行機では、初めて飛行機に乗って、機内泊をした。起きた後の肩こりの凄まじさは、今でも忘れられない。それに、空港を出るまでは「ここは本当にオーストラリアなのか?」と、疑問に思っていた。しかし、外の蒸し暑い空気を感じた瞬間「ここはオーストラリアなのか。」と実感することができた。この後、ブリスベン市庁舎、展望台、博物館、ロンパインサンクチュアリとブリスベン市内を周った。やはり、日本とは違う雰囲気だった。
そして、一日目最後の場所、ヒルズカレッジに着き、ホストマザーと初めて対面した。名前は、ドナさんと言った。とても明るく、お茶目な人だった。そして、料理が得意らしく、彼女の作った春巻きは、とてもおいしかった。ただ一つ、居るはずのホストファザーがいない。最初は、とても気がかりだったが、この理由は後に判明する。
二日目、ヒルズカレッジで授業を受けた。正直、何を言っているのか、全く分からない。バディの言っていることも、同じく分からない。しかし、日本文化の発表の時はとても喜ばれ、嬉しかった。
ホームステイ先に帰ってくると、ドナさんがホストファザーが居ない理由を教えてくれた。「クイーンズランド州の南で起きた洪水に捉まって、帰れなくなっている。」とのことだった。この話を聞いたとき、不覚にも飲んでいた水を吹き出しそうになった。それでも動じない、オーストラリアの国風は、大らかというか、鈍感というか。
三日目、偶然にもドナさんと陽日のホストマザーが友達だったので、四人でショッピングに行った。私の周りで言うラザウォークのような所で、お土産が沢山買えた。その夜、ドナさんが私が帰ってしまうことを淋しがっていた。誰でも受け入れる、ホストファミリーの寛大さを私は、尊敬する。
ホームステイを終えて、後一日過ごし、帰国したわけだが、この体験ができたのも、全て親の助けがあってこそだったと私は思う。というのも、私が帰りのバスから降りたとき、迎えに来てくれた父を見た瞬間に「ああ、ここは日本なんだな。」と実感できたからだ。これからも、協力してくれた親に感謝の気持ちを抱きつつ、この経験を活かしていきたい。

sid1オーストラリア語学研修を終えて 生徒作文

近くの高い丘に上がって街を見下ろした。家の色,道路の通り方,町並み,生えている木の種類,全てのものが日本と全く違う。自分が異国の地に立っていることを実感して,何だか不思議な気持ちになった。「世界は広い」と感じた一瞬だった。

これは,ホストファミリーと始めて対面した日,解散した後に,彼らと家の近くの観光に行ったときの話だ。家から車で4~5分のところの道端に,その小高い丘へ上る入り口がある。木をかき分けて徒歩でまた4~5分程進むと,その景色を見ることのできる場所に出る。付近の町からシドニーのハーバーブリッジまで広く見渡せる絶景であった。
僕は,ホストファミリーと生活していて,気がつくことがいくつかあった。1つは,現地の方たちは,日本よりも日常的にスポーツをしているという事だ。ホストファミリーの家には僕と同い年の子供がいたのだが,一日に一度は,近所の同級生に誘われてサッカーをしたり,スケボーをしたりしていた。それに,僕も二日目に実際にプールに連れて行ってもらって,一緒に泳いだ。聞いてみると,プールにもよく行くそうだ。日本の場合,個人差はあると思うが,このように毎日家に帰ってからスポーツを楽しんだり,または,直接友達から遊びに誘われたりするようなことは少ない。これは,日本が高い技術を持つパソコンやゲーム,アニメなどの普及が進み,遊び方が外から内に変化してきたのがあるのではないだろうかと感じた。
そしてもう一つ,様々な場面で感じたのが,随所で日本文化が取り込まれているということである。まず,知っての通り,車は非常に日本車が多かった。それに,食品も日本の影響を受けているものをよく目にした。例えば,日本のキューピードレッシングはスーパーにも並んでいたし,家でも使っていた。また,スーパーマーケットでは手巻き寿司を売っていた。この手巻き寿司は,「まぐろアボガド」や「エビフライ」など,よく日本で見るものとは具が少し違ったものだった。現地の人の舌に合わせているのか,理由はよくわからないが面白い。また,テレビを点けてみると,日本の「ポケットモンスター(POKEMON)」も放映していた。このように,オーストラリアは思っていたよりも日本との関わりが深いと知り,驚かされた。
あと,文化の違いということで,一番身近に感じられたのは食事である。僕の場合は,朝食はいつも決まって「パンかシリアルかどちらが良い?」と聞かれる。しかし夕食では,フィッシュアンドチップスだったり,パイだったり,パスタだったりと,あまり統一感がない。また,聞いてみると,中華料理や,日本料理を食べることもあるという。多民族国家だからなのか,食文化が多彩なのだなと思った。また,一食で多くの皿を使用する日本食と違い,オーストラリアでの食事は一食一皿である。小さな違いだが,なぜこのような違いが生じたのか,是非調べてみたいと思った。
sid2 次に,肝心の英会話のことである。僕が最も英語を使ったのは,ホストファミリーとの会話の時と,セントアイビス校での文化交流の時だ。話してみて思ったのは,僕が持っている程度の英語でも,何とか分かり合うことができるということだ。文法が間違っているようなときもかなりあったと思うが,思った以上に話したことを理解してくれた。これはとても嬉しかったし,自信もついた。
しかし,これらはあくまで最低レベルの話だ。彼らは僕に話すとき,非常にゆっくりと,わかりやすくして話してくれる。僕が彼らの英語を理解できるのはそのおかげだ。実際に,セントアイビス校で生徒同士の会話を聞いた時は,速すぎて全く理解できなかった。また,私が話すのを理解されたは良かったが,おそらく向こうから見ればかなり不自然な英語になっていたのだろう。文法はいい加減だし,語彙力もまだまだ足りないし,なにより英会話への慣れが足りない。だから言いたいことはわかっていてもなかなか口から出てこない。自分の未熟さを身にしみて感じた。
でも同時に,セントアイビスで聞いたような会話にとても憧れを感じた。僕もあんなふうに話せたらもっと楽しいだろうなと。そsid3れに,もし自分の英語が海外で通用するようになったら,将来の可能性がとても大きく広がるだろうと思った。なぜなら,英語は全世界共通で,使用している国が最も多いからだ。つまり,世界のフィールドでより自由に活動できるようになるのだ。
だから,僕はこれまで以上に英語の勉強を頑張って,もっと力を付けたいと強く思った。そして,より広い世界へ出て行ってみたいと思う。今回の語学研修はその第一歩になったと思っている。

aIMG_2694

言葉にならないこの思い 生徒作文

語学研修での毎日は実践の連続だった。何しろ住み慣れた環境がそこにはない。特に,ホームステイ初日の夕食時はまさしく孤立無援であった。これまで学んだ英語しか頼れない。逆境の中,様々な「言葉にならない」思いを感じた。
オーストラリア初日は,シドニー市内研修として「言葉にならないシドニーの絶景」を観光した。前日,慣れない9時間のフライトにまともに休めず,眠い目をこすってシドニー空港に到着したのだが,シドニーの雄大な景観にすべては吹き飛んだ。はじめに訪れたシドニー№1のボンダイビーチは文字どおりの白い砂浜,碧の海で,まるで絵画のなかにいる気分だった。海風も心地よく,カモメも非常にカモメらしかった。
訪れた場所で最も印象的だったものは,やはりオペラハウスだ。市内研修だけでなく,ウォークラリー,ディナークルーズでも眺めを楽しんだが,その流線型の形は,方向によって,姿をかえ,いつ見ても新鮮な驚きを感じた。
市内研修を終えると,途端に僕らにはこの上ない緊張と不安に包まれた。語学研修最大の試練「ホームステイ」だ。顔も性格も知らない,英語しか通じないファミリーと生活をしなければならないのだ。ホストマザーのジョアンと面会して家に送ってもらうまでの記憶はほとんどない。会話の内容も忘れてしまった。ジョアンには少しゆっくり話してもらい,何度か聞き返した気がするが,それでも初日は聞き取るのが精一杯だった。勉強していても「言葉にならない英語」を実感させられた。それでもファミリーは僕を暖かく,肯定的に受け止めてくれ,なんとかファミリーに馴染むことができた。初日はファミリーと韓国人留学生ジェリーに自己紹介をして,お土産をみてもらい,日本の生活について会話をした。宗教や韓国文化の話題を持ちかけられたときは,語学研修で一番の窮地に立たされたが,拙い英語力で何とか自分の思いを伝えることができた。シス単の努力が花開き,嬉しかった。2日目はホストファミリー曰く,シドニーでボンダイに次ぐビーチ「マンリービーチ」に行った。フィッシュ&チップスを食べながら,夕日の沈む砂浜を眺めた。雲が少なかったこともあり,波がエメラルド色に光る光景にであえた。ジョアンは
「私たちはシドニー1幸運よ」
と今まで以上に上機嫌だった。僕も嬉しくなった。
3日目の最後の夜はみんなでBBQをした。何度食べてもオージービーフはおいしく,最高のディナーとなった。食後は無理を言って家のプールで泳がせてもらった。プールはなんとライトアップもされ,ファミリーと最後の楽しい夜を過ごした。不安だったホームステイも,いざ過ぎれば3泊4日は短いものだった。
ホームステイ中にもシドニー市内でさまざまな体験をした。aIMG_2898セント・アイビス校との文化交流では,バディと共に現地の授業を受け,ブッシュダンスを踊り,日本の文化を紹介した。折り紙の折り方をひとつひとつ英語で表現することは難しく,英語を言葉にする大切さを再三実感させられた。しかし,日本の遊びを通して交流することができたと思う。
翌日のシドニーウォークラリーでは,オーストラリアの歴史と文化を肌で感じることができた。4班は最初にロックスを回る距離の長い過酷なルートだったが,互いに気遣い合い,懸命に時間内でのゴールを目指し,全体で2位の高記録をたたき出した。クイズを解きながら歩き回ったので,心身ともに疲れ果てたが,「言葉にならない達成感」を味わった。
ホストファミリーと別れた5日目は,まず始めに世界遺産ブルーマウンテンにむかった。生憎の深い霧で,スリーシスターズは写真でしか確認できなかったが,またシドニーに来る際の良い理由になった。フェザーデール動物園ではオーストラリアの動物の生態をこの目で感じる事ができた。個人的にはハリネズミのクネクネした動きは何分見ても飽きなかった。aIMG_2998そして,夜景を眺めてのディナークルーズは,オーストラリア最後の良い思い出となった。
オーストラリア語学研修で一番に学んだことは,英語を言葉にして伝える重要性だ。ホームステイ中は英単語をひたすら唱えるだけで伝わってしまうことが多く,実践では英会話ができないことを痛感させられた。今までなんとなく勉強していたが,英語は思いを伝える言葉なのだと改めて考え直した。語学研修で感じた「言葉にならない」をなくすために,まずは目の前の英検2次試験の練習をしたい。

PAGETOP
Copyright © 北杜市立甲陵中学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.